学校から広めよう、アクティブバイスタンダ―
学校から広めよう、アクティブバイスタンダ―
5月08日 20:00 JST – 6月30日 23:59 JST
ピンバッジデザインコンテスト
 

本コンテストでは、

​「性暴力被害者が相談しやすい環境の実現

アクティブバイスタンダーの認知向上

​を目指し、全国の学生からピンバッジのデザインを募集、グランプリのデザインでピンバッジを生産、そして全国に配布します。

 
 

アクティブバイスタンダーバッジを身に着けることによる
3つのねらい

グランプリ作品はピンバッジとして生産し、一定の基準を満たす方に配布いたします。

このバッジは「アクティブバイスタンダーとして行動に責任を持つ」という決意表明として身に着けていただくもので、着用者の性暴力に関する専門的な知識や安全性などを保証するものではありません。

5_edited.jpg
7_edited.jpg
6_edited.jpg

学校から広めよう、

アクティブバイスタンダ―

私たちはこのプロジェクトを通じて、性暴力のない誰もが安心できる社会を実現したいと考えております。性暴力に関心のある方、デザインを通じて世の中を変えたい方、奮ってご応募ください。

 - 性暴力から目をそらさないために - 

クラウドファンディングに
ご協力ください

​​ご支援のお願い

本コンテストは、クラウドファンディングにより開催いたします。

クラウドファンディングにて集めた資金は、アクティブバイスタンダーバッジの生産費およびコンテスト賞金に使用いたします。
ご賛同いただける方は、ぜひご支援のほどよろしくお願いいたします。

1_edited.jpg

主催:Safe Campus

共催:

(五十音順、敬称略)

追手門学院大学セクマイサークル「RoseWing~〇〇の在り方を肯定する会~」

共立女子大学 Knower

慶應義塾大学 Voice Up Japan Keio

国際基督教大学 Voice Up Japan ICU

国際基督教大学 ICU PRISM

DIVEUS

#男女共同参画ってなんですか

中央大学 mimosa

東京大学 TOPIA

東京大学 Tottoko gender movement

東北大学 AROW

東洋大学 DAISY

長崎大学 Partner's Shoes

名古屋大学大学院生 島袋海理

+Fem-me.

福島大学 にじいろサークル

北海道大学 虹の集い

立教大学 10×10

立命館アジア太平洋大学 Equal APU

立命館大学 TAG

早稲田大学 シャベル

 

​本コンテストの目指すところ

私たちは性暴力のない社会を目指す上で、

・性暴力の被害者の多くが第三者に対して相談していない現状

・性暴力発生現場における第三者が果たしうる役割の大きさについての社会的な認知不足

という2つの課題を解決する必要があると考えています。

そもそも、性暴力をなくすということは、性暴力で悲しむ人を減らすという意味でもあります。そのためには、性暴力発生予防と発生してしまった場合のケアの両方が必要となります。ここで特に後者において重要なことは、適切な相談機関にアクセスすることです。相談機関にアクセスすることができれば、正しいケアが受けられ、長期的な心的影響を軽減や、被害後の認知の歪みを正すことができます。実際にこれらの変化が表に出る時期は人それぞれではありますが、被害者は本人すら知らないうちに心に傷を負っている場合が十分にあり得るため、早期に相談機関にアクセスすることが重要です。

次に、なぜ第三者の存在(バイスタンダ―)が重要なのでしょうか。その理由は、性暴力現場において、加害者・被害者と共に存在する第三者が行動を起こすことによって、性暴力を防止したり、被害を軽減したりと被害者の助けになることができるからです。具体的な行動としては、「5つのD」と言われるような、性暴力発生現場における行動「①distract 注意をそらす、②delegate 第三者に助けを求める、③document 証拠を残す、④delay 後からフォローする、⑤direct 直接介入する」が挙げられます。第三者が性暴力被害発生のストッパーとして果たす働きは非常に大きいものと言えます。また、被害後の相談相手としての第三者も被害者の心のケアという観点において大切な存在となります。被害者に寄り添い、話を聞きそばにいるだけでも被害者の心の支えになることができます。

 これらを踏まえ、今回私たちは「アクティブバイスタンダーバッジ」というプロジェクトを提案します。

 このプロジェクトでは、「性暴力を容認しない」「アクティブバイスタンダーとして性暴力被害を看過せず、状況に応じてできる限りの行動をし、その行動に責任を持つ」ことができる方にバッジとカードを配布いたします。バッジを身に付けていただくことで、日本における性暴力の現状と第三者の重要性の啓発につながります。

 また、バッジと一緒にお渡しする名刺サイズのカードには、被害相談を受けた時の対処の仕方や被害者向けの対処方法、支援機関の連絡先等が記されています。このカードを携行していただき、もし被害相談を受けた場合には、そのカードを被害者に渡すことで、早期の被害者支援につなげることができます。

 
 

共催団体・個人の紹介

さまざまな学生団体・個人の皆様にご協力いただいています

 

Safe Campusについて

慶應義塾大学未公認学生団体

性暴力の被害をなくしたい。加害者も出したくない。

そのために大学のあり方や学生の意識を変えていきたい。

私たちはそのような思いから、2019年に活動を始めました。

三田、矢上、藤沢などキャンパスの垣根を越えて、現在約15名の慶應生が活動しています。

Safe Campus
logo_RoseWing.jpg

RoseWing~○○の在り方を肯定する会~

追手門学院大学

logo_knower.jpg

Knower

共立女子大学

logo_VUJKeio.JPG

Voice Up Japan 慶應支部

​一般社団法人Voice Up Japan 

logo_prism.jpg

ICU Prism

国際基督教大学

logo_VUJ_ICU.PNG

​Voice Up Japan ICU

国際基督教大学

logo_DIVEUS.PNG

​DIVEUS


logo_danjo_edited.jpg

#男女共同参画ってなんですか


logo_mimosa.jpg

mimosa ミモザ

中央大学

logo_topia.png

TOPIA

東京大学

logo_tottoko.png

Tottoko Gender Movement

東京大学

logo_arow.jpg

性について考えるサークル AROW

東北大学

logo_DAISY.jpg

学生団体DAISY

Client Subtitle

logo_partner's shoes.jpg

Partner’s shoes

長崎大学

logo_apu.jpg

Equal APU

​​立命館アジア太平洋大学

logo_%25EF%25BC%258BFem-me_edited_edited.png

+Fem-me. 

永続的な発展を目指して

logo_nijiiro_edited.png

にじいろサークル

福島大学

logo_tsudoi.png

虹の集い

北海道大学

logo_tag.jpg

TAG

​立命館大学

logo_shaberu.png

シャベル:早稲田で性暴力の根を切る

早稲田大学

お問い合わせ

  • Twitter
  • Instagram